給湯器の交換・買替情報|エコタイプと従来型の違いは燃費だけじゃない

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

給湯器の販売・取付を行っている佐藤設備の佐藤と申します。

 

最近はエコジョーズやエコフィールなど、エコタイプ(高効率タイプ)と呼ばれる給湯器が人気です。

実際に燃費(コストパフォーマンス)が大幅に良くなっているので、人気が高くなっているのも頷けるのですが、実際にはデメリットも知った上で購入したいと思いませんか?

 

以下では、エコタイプと従来型の違いについて簡単に解説して参りますので、ぜひお付き合いください。

エコジョーズとエコフィール

従来型の給湯器に比べて、燃費が良くなって環境にもお財布にも優しくなった機械をエコ給湯器と呼びますが、中でもガス給湯器のエコタイプをエコジョーズ石油給湯器のエコタイプをエコフィールと呼びます。

 

ちなみにエコキュートと呼ばれる機械も存在しますが、エコキュートは通常の給湯器ではなく、空気中の熱を利用してお湯を沸かすという特徴を持った電気給湯器です。

 

エコジョーズ・エコフィールのメリット

燃費効率が格段に向上

エコジョーズって何?:教えて給湯器 - リンナイの給湯器
リンナイの給湯器を買う前に知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説。多くの商品に表記されている「エコジョーズ」って何なのか、これまでのガス給湯器との違いをご説明します。

エコ給湯器のメリットと言えば、何と言っても燃費の良さ(ランニングコストの良さ)です。

 

本来であれば給湯器から捨てられる排気ガスは200℃という熱いガスだったのですが、それをもう一度機器内に取り込み、水を温めるのに使用しているという仕組みになっています。

 

給湯器のエネルギーは、温度を上昇させる幅が大きければ大きいほど必要とされます。

例えば40℃のお湯を作る場合、そもそもの水の温度が10℃と20℃では消費するエネルギーも違ってきますから、そもそもの水を温めるという意味でも排気ガスを再利用しているんですね。

 

ランニングコストが良くなり財布にも優しい

エコジョーズって何?:教えて給湯器 - リンナイの給湯器
リンナイの給湯器を買う前に知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説。多くの商品に表記されている「エコジョーズ」って何なのか、これまでのガス給湯器との違いをご説明します。

これはリンナイの公式ページで発表されている数値なのですが、従来型の給湯器と比較してガス料金が年間で約15000円ほど節約できるそうです。

給湯器の寿命が約10年として計算すると、生涯で15万円ほどのガス代金が節約できるということになりますね。

 

ちなみにこの数字の算出方法に関しては、ガス料金や普段の使用量に仮定が幾つかあるので、それらの条件を満たさないとここまで大きな節約にはなりませんが、普段から給湯器の使用量が多いという場合は、同等かそれ以上の節約効果を期待してもいいと思いますよ。

 

ちなみにエコフィールの燃費効率は、石油自体の価格がガス料金ほど高くもないということからも、ここまで良くはないと言われています。

 

エコジョーズ・エコフィールのデメリット

本体価格が高い

後に回収できるお金のことを考えたら、そこまで大きな問題ではありませんが…。

従来型と比べると給湯器に複雑なシステムが搭載されていることや部品の点数が増えたことから、本体価格が高くなっています

 

しかし、安い業者さんでエコジョーズを購入すれば7割~8割引きの値引きがあるので、それを考慮すると定価時点での価格差はそこまで負担にはならないでしょう。

 

ドレン配管の施工が必要

従来型の給湯器には不要だったドレン配管と呼ばれる配管が必要になります。

エコタイプの給湯器では、排ガスをもう一度機器内に取り込むという仕組みがあるおかげで、給湯器が内部で汗をかきます。

その汗は捨てる必要があるので、給湯器がかいた汗を逃がしてやる配管が必要になるというわけです。

 

屋内タイプの給湯器なら、床に穴を開けて床下にて排水管と繋げるという工事が必要になります。

屋外タイプの給湯器でも、理想は排水管と繋げることですね。状況によっては地中に埋設して浸透させたりすることもあります。

 

マンションの廊下などに設置されている場合で、ドレン配管の施工が困難な場合は「追い炊き配管を利用して排水するシステム」もあるので、マンションにお住まいの方もご安心ください。

 

年数経過で中和器の交換が必要

前項と重複する部分がありますが、給湯器がかく汗は酸性なので、それをそのまま捨ててしまうと、配管の材質によっては腐食させてしまう恐れがあります。

そのため、捨てる際には中和してから捨てるというのが決まりです。

 

しかしこの中和器、使用時間によって一定時間使用すると交換が必要になるんです。

つまりこれまでは、給湯器が壊れなければ10年以上も修理無しで使用できるユーザー様もいましたが、現実的にそれは大きく厳しくなったと言えるでしょう。

 

中和器の交換には、出張料と作業料を含め2万円ほどの修理費用がかかると言われています。

 

最後に

時代はエコが主流になっており、私自身もエコタイプの給湯器を使用していますし、エコタイプの給湯器をおすすめします。

 

しかし、メリットばかりでは無いということをしっかりと理解したうえで購入したいですよね。

後から知らされたら、何だか騙されたような気になってしまいますし…。

 

とは言っても、エコタイプの給湯器の方が最終的にはお得になると思いますよ。

給湯器の交換・買い替えを検討してらっしゃる方は、ぜひ参考にしてくださいませ。

 

【TOPに戻る】

給湯器の交換・買替を検討している人へ送る購入マニュアル最新版!!

コメント