給湯器の交換・買替情報|屋外タイプと屋内タイプの違い

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

給湯器の販売・取付を行っている佐藤設備の佐藤と申します。

 

給湯器の交換・買替を検討しているお客様から「給湯器って外に設置することもできるの?」と聞かれることがあります。

意外と他人のお家でどんな給湯器が使われているかを気にすることはないので、自分のお家で使用していたタイプが普通だと思ってしまうのかもしれませんね。

 

以下では、屋外タイプと屋内タイプの違いについて簡単に解説して参りますので、ぜひお付き合いください。

給湯器の設置場所の決め方

みなさんはお家を建てられた際に、様々な打ち合わせをしたことと思います。

しかし、給湯器の位置などに対して注文をしたという方は、恐らくいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

この時、お家を建ててくれた業者さんによって、給湯器のメーカーや種類が選定されるわけですが、何かしらの意図があって選択されています。

例えば「少しでも洗面所を広くしたい」と考えて屋外に設置するという業者さんもいるでしょう。

「屋外だと不都合があったから屋内に設置した」という業者さんもいることと思います。

 

単純に当時の仕入れ値が最も安かった製品、あるいは人気や評判の高かった製品を採用した可能性もありますし、本当の理由はお家を設計した人に聞かなければわかりません。

 

ただし多くの場合で「お風呂場に近い場所」に取り付けた方が放熱ロスが少なくなるので、決まっているルールはこれくらいですね。

 

屋外タイプと屋外タイプの比較:メリット・デメリット

屋外タイプと屋内タイプのそれぞれのメリット・デメリット

基本的には「屋内タイプのメリット=屋外タイプのデメリット」となります。

しかしそこまで大きなものではなく、屋内タイプのデメリットとしては「煙突費用が掛かる」「洗面所に設置している場合は、洗面所が狭くなる」という程度です。

 

私が思い付いた限りで「屋内タイプのメリット・デメリット」を幾つか挙げてみますので、屋外タイプのメリット・デメリットについては逆に考えてください。

 

【屋内タイプの特徴】

  • 生活スペースに設置することになる
  • 機器によっては燃焼音が気になる
  • 煙突が必要
  • 機器から水漏れしていたり、音がいつもより大きかったりなど故障の前兆に気付ける可能性がある

 

「屋外タイプだから壊れやすい」「屋内タイプだから長持ちする」ということは基本的にはありません。

 

屋外タイプと屋内タイプならどっちがお得?

外置きの給湯器なら雨が当たったりしても内部に雨水が侵入しにくいような作りになっているので、表面部分にフィルターが無いなどのちょっとした違いはありますが、基本的に中身は一緒なので金額的な差はほとんどありません。

 

ただし屋外タイプの場合で、凍結の恐れがあるような地域にお住まいの方であれば、給湯器外の配管には凍結を防止するための処置が必要になるでしょう。

マンションなどの入り口付近に取り付けられているような場合なら、排気方向を変更するアタッチメントが必要になるかもしれませんね。

 

一方で屋内タイプであれば、凍結予防を施す必要もありませんし、排気用のアタッチメントも不要です。

その代わり排気を外に出すための煙突が必要になります。

 

設置状況にもよるので一概には言えませんが、多くの場合で屋外タイプの方が作業スペースも広くて取付作業もしやすいことから、取付料は屋外タイプの方が安くなる傾向が強いです。

屋外タイプで必要になることがある凍結予防や排気アタッチメントも、屋内タイプで必要となる煙突費用と比べたら安く済むことが多いでしょう。

 

屋外タイプと屋内タイプならどっちが長持ちする?

お客様の中には「外置きの給湯器だと長持ちしないんじゃないか?」と考え、屋外タイプから屋内タイプに変更したがるお客様もいらっしゃいます。

しかし多くの場合で、給湯器は設置場所によって機器寿命が変わるということはありません

 

多くの場合でという書き方をしたのは例外があるからで、その例外に該当するのが「給湯器が埋まったりするほどの豪雪地帯で、落雪などの可能性もある場所に設置されているケース」などです。

海が近くにあって塩害によって外装部が腐食してしまうというケースも少なくないですね。

 

これらの場合は屋内に機器を設置した方が無難だとは思いますが、通常の雨風にさらされたところで、大きく影響を受けるような構造にはなっていないのでご安心ください。

 

屋外タイプと屋内タイプを変更するのって簡単?

ここまでは「屋外タイプと屋内タイプを比較しても、寿命や本体価格の面で大きな差はない」とご説明させていただきました。

そうすると、中には「少しでも洗面所や脱衣所が広くなるなら、外に移したい」と考えるユーザーもいらっしゃるのではないかと思います。

 

しかし、給湯機能のみならまだしも「追い炊き機能付き/暖房機能付き」となると、非常に大掛かりな工事になってしまうでしょう。

せめてお風呂機能までなら、設置状況によっては簡単に工事できる可能性もあるでしょうから、もし屋外と屋内を移動させたいという場合は、施工業者さんに見積もりを貰うのもアリかもしれませんね。

 

私がこれまでにそのようなお話を頂いたお客様の場合は「簡単に出来るならお願いしようと思っただけ」というお客様ばかりでしたが、作業の規模は設置状況によって変わりますから、気になるなら問い合わせてみるのだけでも価値があると思いますよ。

 

最後に

塩害、落雪などの影響を受けないのであれば、屋外でも屋内でもどちらでも変わらないと思います。

 

私の長い設備屋人生を振り返ると、今までに1度だけ「屋外設置の給湯器が盗難に遭った」という現場を見たことがありますが、多く場合はそのような目に遭うことはないでしょう。

 

「落雪の影響で故障した」などの場合は、屋内にあれば故障を防げた可能性もありますから、そのような場合は移設を検討してみるのもいいかもしれませんね。

ぜひ、ご検討くださいませ。

 

【TOPに戻る】

給湯器の交換・買替を検討している人へ送る購入マニュアル最新版!!

コメント