給湯器の交換・買替情報|据置(床置き)タイプと壁掛けタイプの違い

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

給湯器の販売・取付を行っている佐藤設備の佐藤と申します。

 

当社では屋内設置型で床置きタイプの給湯器を洗面所に設置している現場のお客様が買い替えを検討している場合、もれなく「壁掛けタイプへの変更をご検討しませんか?」と声をかけさせていただいております。

 

壁掛けタイプをおすすめしている理由は幾つかあるのですが、実際に変更したお客様からは「壁掛けタイプにしてよかった」というお声を頂いていますよ。

 

以下では、据え置きタイプ(床置きタイプ)と壁掛けタイプの違いについて簡単に解説して参りますので、ぜひお付き合いください。

据え置きタイプと壁掛けタイプの選択基準

みなさんは「自分のお家に取り付けられた給湯器が、なぜ『据え置き/壁掛け』なのか」について考えたことがありますか?

もしかしたら本記事を見て「自分のお家に付いている種類と別のタイプの給湯器が存在する」ということに初めて気が付いたという読者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

お家を建てる際に工務店さんと念入りに打ち合わせをし、給湯器の選定についても注文をするという方はほとんどいません。

そのため、お家を建てることに携わった責任者の人が給湯器を据え置きタイプにするか、壁掛けタイプにするかを選択したということになります。

 

色んな思惑があって決めたことだとは思いますが、現場によっては非常に狭い空間に給湯器を取り付けられている現場も珍しくないです。

それは、その時点で仕入れが安かった機器を取り付けたというだけのケースもあるので「据え置きタイプを壁掛けタイプに替えたら、生活が豊かになった」というお客様も多く、場合によっては設置タイプの変更をおすすめします。

 

床置きタイプのメリット・デメリット

  • 落とし込み設置ができるが、それ以外の場合だと設置場所がデッドスペースになる
  • 壁掛けタイプと比べて燃焼音が大きい(石油給湯器のみ)
  • 壁掛けタイプには無い「貯湯式」がある(石油給湯器のみ)

床置きタイプの給湯器は、壁掛けタイプと比べて見た目的にも大きいです。

 

床よりも低い位置に段差があり、そこに落とし込んで設置しているという場合は例外ですが、多くの場合で「給湯器が場所を取っている」という状況が生まれやすいのも1つの特徴となっています。

 

多くの現場で屋内設置の給湯器は洗面所に設置されていることが多く、外でも小さなボイラー小屋の中に設置されていることも多いです。

洗面所なら洗濯機を邪魔するのに邪魔にならない位置の壁に掛ければスペースを有効活用できますし、屋外で小さい小屋の中に入れるくらいなら外壁に掛けた方がメンテナンスもしやすいと思いますよ。

設置状況によってメンテナンスしにくいような状況であればあるほど、修理代金に別途費用が生じる可能性があります。

壁掛けタイプのメリット・デメリット

  • スペースの有効活用が可能
  • 据え置きタイプと比べて燃焼音が小さい(石油給湯器のみ)
  • 室内設置の場合は、煙突に関する事故が起こりにくい

当社では壁掛けタイプをおすすめしています。

1番の理由は、場所を取らないのでスペースの有効利用ができるからです。

 

多くのご家庭では、そこまで広くない洗面所を少しでも広く使えるように、収納を工夫したりするなどの努力をされているのではないでしょうか。

もしそのような場合に据え置きタイプの給湯器を使用しているのであれば、壁掛けタイプに変更するだけで十分なスペースを確保できる可能性もありますよ。

 

小さなお子さんがいるのであれば、壁掛けタイプなら煙突に手が触れないでしょうから事故が起きる可能性も低いです。

据え置きタイプユーザーの中には、給湯器の上で洗濯物を干したりしていて、その衣服の一部が煙突に当たって焦げたりしたという事案も少なくないため、特にこだわりがなければ壁掛けタイプをおすすめします。

 

据え置きタイプと壁掛けタイプの変更って簡単?

現場によるとしか言えないのですが、多くの場合で簡単に設置できると思いますよ。

1つ注意点があるとすれば「排気筒の位置」です。

 

元々据え置きタイプの給湯器を使用していたのであれば、割と低い位置に煙突があることが多く、その場合であれば壁掛けタイプに変更すると「今までの穴を塞いで、高い位置に新しく煙突用の穴を開けなくてはならない」ということが起きます。

※据え置きタイプの給湯器から長い煙突が立ち上がって、外に出ている場合はこの心配は不要です。

 

穴を塞ぐことについては専用の部材がありますが、外から見ると銀色の蓋がされているような見た目になるので、お客様によっては気になるという人も多そうです。

そのような場合は、見た目で違和感がないのを選ぶか、利便性を選ぶかで検討していただけたらと思います。

 

最後に

現場状況や修理内容によっても変わるのですが、狭い空間に据え置きタイプの機械が取り付けられている場合、修理をする際もスタッフが2名がかりで作業を行うケースがあります。

 

メーカーは「修理料金はメーカーで決まっている」と言いますが、現場の良し悪しで料金が変わってるような気もするんですよね。

壁掛けタイプならスタッフ1人で対応できるケースが多いため、メンテナンスの観点からもおすすめです。

 

【TOPに戻る】

給湯器の交換・買替を検討している人へ送る購入マニュアル最新版!!

コメント